パシフィックスポーツプラザさくら

〒329-1312  栃木県さくら市櫻野1633-2
tel. 028-682-0577 fax. 028-682-0518
平日/10:30〜21:30 スクール休み/12:00〜21:30

ご入会・レッスンはお気軽に

プラザさくら/パシフィックスポーツプラザさくら(栃木県さくら市)

トレーニングを積めば運動時の体温上昇は抑えられるか

2019.11.16 Saturday

 

おはようございます。土曜日担当の知野です。

今週は先週に引き続きトレーニングを積めば運動時の体温上昇は抑えられるのか

について伝えていきます。

 

・強度と期間は

 

体温調節機能の改善には、先ほどの環境条件が大きく影響することがわかっています。

40℃以上の暑熱環境下であれば、軽いランニング程度の持久的トレーニングでも十分

に体温調節機能は改善されますが、20℃前後の快適環境下であれば、高い運動強度

でトレーニングしなければその効果は得られないことが報告されています。

また、期間に関しては、暑熱環境下であれば4〜5日でその効果が認められますが,

快適環境下ではもう少し日数を要するようです。これらから判断すると、体温が上昇し、

多量の汗をかくような条件でトレーニングすると、その効果が顕著であることがわかります。

一方、このような短期間ではなく4~5年の長期間持久的運動トレーニングを積んだ人と

非トレーニング者とを比較した研究を検討してみます。

同じ運動強度であれば、トレーニング者のほうが体温の上昇も低く、発汗量も少なくなります。

これは、非トレーニング者にとって高い運動始度でも、運動能力の高いトレーニング者に

とっては軽い運動になってしまうからです。

そこで、体温の上昇度が同程度になる相対運動強度で比較すると、トレーニング者のほうが

同じ体温の上昇でも発汗量と皮膚血流量が多いことが知られています。

このほか、持久的トレーニングを積むことによって、汗の質も変わることが知られています。

例えば、非トレーニング者の汗に含まれている塩分濃度は非常に高いのですが、トレーニング

することによって塩分濃度は低下してきます。汗の質の変化は、発汗による熱放散の効率を

よくするとともに、体内のミネラル分の損失を防ぐ役割も果たしています。

 


いよいよ短期教室受付開始です

2019.11.15 Friday

スタッフブログ金曜日担当の加藤です。

 

いよいよ短期教室の受付が始まります。

 

昨年は一週間程度で定員となりましので、お早目のお申込みをおすすめします。

 

今回も、4日間で5日分の練習ができる1時間30分コースがおすすめです!


なんといっても練習量が多いのがポイント!

 

お友達と一緒に参加お待ちしてます。

 


成人イベント 瓶立てゲーム

2019.11.14 Thursday

こんにちは、木曜日担当の宇佐美です。

今月の成人イベントが11月12日(火)から11月14日(木)の3日間で実施しております!

本日が最終日です!成功した方には最終日にお楽しみがあるのでぜひ挑戦してください☺

 

 

フロント前にて実施中!!

「瓶立てゲーム」についてご紹介!

 

 

やり方は

輪っかのついた棒を手に持ち、輪っかを瓶の口に引っ掛け

ゆっくりと瓶を立たせるように手を引きます。

 

勢いよく引いてしまうと瓶が倒れやすくなるので

焦らずゆっくり引くのがポイントです!!

 

 

また、瓶の口が前方を向くようにして引くのがポイント!!

棒を引いている途中で瓶がユラユラと揺れたり方向が変わったりしやすいので注意!

ゆっくり時間をかけてやりましょう!!

 

 

 

ご参加お待ちしております!!

 

 


ストレッチ!背中編

2019.11.12 Tuesday

こんにちは。火曜日担当の池田小夏です。

本日も肩甲骨のストレッチを紹介していきます。

今日は肩甲骨のストレッチの代表的な効果についてお話します。

まずは、身体が柔らかくなります。肩甲骨に限らず、ストレッチ全種目に言える最大のメリットですね。

筋肉の周辺には腱や靭帯といった軟部組織があり、それら結合組織は、伸ばす動きをずっと続けていると限界を超え、柔軟性の向上が期待できます。さらに詳しく話すと、筋膜のさらに中にあるサルコメア(筋肉の収縮と伸展を司る筋節)の数が増えるからだとそうです。ちなみに、お風呂上りやトレーニング後など身体が一時的に柔らかくなっているのは、サルコメアの数が増えたためではなく、血流の流れが良くなって筋膜が柔らかくなったからだと言われています。

これはストレッチ全てにおけるお話です。

それでは早速ストレッチを行っていきましょう。

柱などに手のひらを付けます。肘は肩と同じ高さです。

腕とは反対の脚を一歩前に出します。

そのままゆっくりと重心を前にします。

 

気持ちがいい所で10秒〜15秒ストップしましょう。

是非行ってみてください。

ありがとうございました。

 


トレーニングを積めば運動時の体温上昇は抑えられるか

2019.11.09 Saturday

 

おはようございます。土曜日担当の知野です。

今週はトレーニングを積めば運動時の体温上昇は抑えられるのかついて伝えていきます。

 

・体温が異常に上昇しないようにする

 

自転車運動時において、ペダルを回転させるためのエネルギーは、総消費エネルギー量の

約20%です。つまり、 運動時に消費するエネルギーの約80%は熱に変換されています。

例えば、体重70kgの人が150 Wの自転車運動をすると、その約80%は熱になるので、

1時間後には体温温を約10℃上昇させるだけの熱が体内で発生する計算になります。

実際には、発汗や皮膚血管拡張による熱放散機構が働いて、体温の上昇は低く抑えられて

います。 しかし, 暑熱環境下で持続的な運動を行うと、体温は著しく上昇し、一般の人では

体温が39℃近くで、身体能力が非常に高い人でも体温が40℃近くなると運動を継続すること

ができなくなることが報告されています。

より安全に運動するためには、体温が異常に上昇しないように気をつけなければなりません。

 

・持久的トレーニングか筋力トレーニングか

 

まず、トレーニングの種類ですが、長時間の自転車運動やランニングなどのように体温が上昇

する持久的トレーニングと、腕立て伏せやサイベプクスマシンを使った体温があまり上昇しない

筋力トレーニングで比較すると、前者ではトレーニング後、運動時の体温の上昇度は小さくなるが、

後者では体温の上昇を抑制する効果はほとんどないことが報告されています。

 

・どんな環境で

 

次に、持久的トレーニングを実施する環境条件について検討すると、夏季のような高温環境下と、

20℃くらいの快適環境下で持久的トレーニングを実施した研究報告がいくつかあります。

それらの結果をまとめると。快適環境下でも発汗や皮膚血管拡張などの体温調節機能の改善は

認められるが、高温環境下のほうがより顕著に改善されるということです。

さらに、体温の上昇を抑印制する発汗は湿度に非常に影響されるため、発汗機能の亢進には

湿度が高いほうがより効果的であることも報告されています。



selected entries

archives

recent comment

search this site.

others