パシフィックスポーツプラザさくら

〒329-1312  栃木県さくら市櫻野1633-2
tel. 028-682-0577 fax. 028-682-0518
平日/10:30〜21:30 スクール休み/12:00〜21:30

ご入会・レッスンはお気軽に

プラザさくら/パシフィックスポーツプラザさくら(栃木県さくら市)

筋肉をつければつけるほど、筋力はアップするのか

2019.06.15 Saturday

 

おはようございます。土曜日担当の知野です。

 

土曜日はスポーツ科学についてです。

今週は筋肉と筋力について伝えていきます。

 

・筋肥大と筋力の関係

基本的には筋力は筋断面積に比例して増加します。そこで筋力が重要とされる

スポーツ競技においては筋肉をつければつけるほど良いということになります

しかしながらボディビルダーは身体の大きさに対してあまり筋力が強くないとよく

いわれますこれはどういうことでしょうか。筋肉の多くは筋肉と筋線維の方向が

同一でなく、筋肉の方向に対し筋線維は斜方向に延びていますこのような筋肉

と筋線維がつくる角度のことを羽状角といいますが筋肉が肥大すると羽状角が

大きくなり筋肉の力の方向と筋線維の方向のずれが大きくなりますしたがって,

極端に肥大した筋では力発揮の効率が悪くなり筋肥大に見合った筋力の増加が

みられず、逆に筋肉がついたことによる重量の増加のために競技にとってマイナス

になる可能性があります

 

・動作スピードを考えて筋力アップ

筋力トレーニングを実施する理由が目的とする競技に必要な筋力をつけるためなら

筋肉づくりだけに目を向けることには問題があります前述した羽状角の問題もそうで

すがトレーニングには動作スピード(速度)の特異性がありますボディビルダーがよく

行うゆっくりした動作での多反復回数のトレーニングはゆっくりした動きの筋力発揮

には効果がありますが速いスピードの動きに対しては効果を期待できないという特性

があります.したがって、もし短距離走選手のような瞬発的な速い動きを必要とする選

手がボディビルダーのようにゆっくりした動作でのトレーニングを行った場合はつい

た筋肉がかえって重りになって、競技に悪影響を及ぼすという問題が生じます。また筋

線維のレベルで考えても、ゆっくりした動作中に中心的に使われるのは遅筋線維で、

いスピードでの運動では速筋線維が重要な役割を果たします競技と同じように速いス

ピードでトレーニングしなければ、競技中に最も重要な役割を果たしている速筋線維を鍛

えていなかったということになってしまいます。


足裏の重心位置を整えよう!

2019.06.14 Friday

スタッフブログ金曜日担当の加藤です。

 

今日は、足の裏の重心位置を整えるテクニックをお伝えします。

 

非常に難しいので、よく読んでくださいね。

 

まず、腰幅で立って足の裏の感覚を確認してください。

 

 

どんな感じで床に着いてますか?前の方?後ろの方?外側?設置面積は?

 

次は、椅子に座って片足を膝の上に置き、くるぶしの真下あたりを膝頭方向へ10回ほどドンドンと叩きます。

※叩く方向が斜めにならないように気をつけてください。

 

 

以上です。また立って足の裏の感覚を確かめてください。

 

 

ペタ〜っと着いていませんか?

 

この感覚が足の重心位置が整った感覚です。

 

重心位置が整うと、安定感が増すので歩いた時に疲れにくくなります。

 

ぜひ、お試しください。


6月の特別レッスン

2019.06.13 Thursday

こんにちは、木曜日担当の宇佐美です。

6月の特別レッスンについてお知らせです!!

 

5月は長倉コーチの有酸素トレーニングを行いましたが

6月はフロントスタッフの青木さんが

「コアエンゲージ」という体幹のレッスンを行います!!

 

日程は来週の6月20日(木)14:15〜14:30になります!

 

初心者の方でも気軽にご参加いただける内容になっております!

15分間で楽しく身体を動かしましょう!!!

 

お待ちしております!!!


手と首のアンチエイジング「ハンドマッサージ編」

2019.06.12 Wednesday

こんにちは。

水曜担当の佐々野です。

さっそくですが皆さんは肩がこりますか?

昔に比べ最近の肩こりは変化があるようです。

実は肩こりと思っている症状の9割が首のこり。

スマートフォンやパソコンの長時間使用により

首に大きな負担をかけているんです。

多くの人が自分で気が付かないうちに首がこっているようです。

首がこると老け顔の原因になり、いくら顔のマッサージやスキンケア

をしても効果が出にくくなってしまうんです。

では首をほぐさないとと思いがちですが、マッサージは体の末端から

中枢に向かって流すのが基本です。

マッサージは1日1分でもよいので毎日行う事が大切。

体の小さな変化に気付けるようになります。

ではマッサージの手順をご紹介いたします。

手のひら中央に「老宮」というツボがあります。

ここを押すと緊張がとれ気持ちがリラックス。

骨と骨の間に反対側の手の指を入れ軽く押し流す

様に手首までさすりましょう。

手が温かくなってきたら手首から肘に向かって

さすり肩の付け根まで親指に軽く力を入れ押し

流します。

腕の内側を肘まで流した後、脇の下に向かって

親指で軽く押し流す。脇の下のくぼみには

「極泉」というツボ「リンパ節」があるので

最後は脇の下を軽く押し心地よい刺激を与えます。

 

来週は首のマッサージの手順を紹介いたします。

 


部位トレーニング!腹筋

2019.06.11 Tuesday

こんにちは。火曜日担当の池田小夏です。

本日の腹筋も腹直筋(ふくちょくきん)と腹斜筋(ふくしゃきん)をトレーニングしていきましょう。

強度を高くしたい場合はペットボトルやダンベルを両手で持って行いましょう。

それではご紹介いたします。

まずは、脚を90度くらい曲げて座ります。

 

背筋を伸ばし、両手を前で合わせ、腕をピンと伸ばします。

 

そのまま上半身を後傾させましょう。ご自分がキープ出来る位置でストップです。

ただし、背筋は真っすぐです。

背筋を真っすぐにすることを意識し、ゆっくりゆっくりと左右へひねります。

ポイントは片側のお尻にだけ体重が乗ってしまわないようにしましょう。

そして、

このように背中が丸まらないようにしましょう。

 

是非お試しください。

それではありがとうございました。



selected entries

archives

recent comment

search this site.

others