パシフィックスポーツプラザさくら

〒329-1312  栃木県さくら市櫻野1633-2
tel. 028-682-0577 fax. 028-682-0518
平日/10:30〜21:30 スクール休み/12:00〜21:30

ご入会・レッスンはお気軽に

プラザさくら/パシフィックスポーツプラザさくら(栃木県さくら市)

ウォーミングアップ

2019.04.06 Saturday

 

おはようございます。土曜日担当の知野です。

 

今月から私が担当になりました。今後ともよろしくお願いいたします。

今回からスポーツ科学というテーマでやっていきます。

 

・ウォーミングアップは何のために行うのか。

筋肉をあたためて、エネルギー効率とパワーを高める。

ウォーミングアップなどで体を動かすと、筋肉においてエネルギー源である

グルコースが分解され、熱が発生し、まず筋温が上昇します。

筋温が上昇すると、筋はエネルギーを利用しやすい状態になるといわれています。

筋温が1℃上昇するとエネルギー利用効率は約13%上昇するという報告や、

最大自転車こぎ運動の継続時間は筋温の役39℃の時に最長を記録した

という報告があります。また、筋温が上昇すると筋の粘性が低下し、

動きやすくなって、パワーを発揮しやすい状態になります。

 

・体温を上げて、酸素をより多く使えるようにする。

ウォーミングアップを行ってそれぞれ筋温が上昇すると、その結果として

体温が上昇します。とある学者は「ウォーミングアップによって、

運動開始時の酸素摂取量や心拍数の反応がよくなる」としています。

これはからだ中に酸素を運ぶ役割のヘモグロビンが、体温上昇とともに

酸素を筋により渡しやすくなることと、軽い運動を事前に行うことによって、

活動する筋への血流量が多くなり、心拍出量の増加が速やかに起こった結果だ

としています。このような生体の反応により、筋は酸素をより多く使えるようになります。

そして、有酸素運動場合では筋が酸素をより多く使えると、疲労物質である

乳酸をあまり出さずに運動が続けられるため、パフォーマンスの向上が

期待できます。また無酸素的な運動でも乳酸の酸化が効率よく進むため、

運動後における乳酸性疲労からの回復が早くなります。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

recent comment

search this site.

others