パシフィックスポーツプラザさくら

〒329-1312  栃木県さくら市櫻野1633-2
tel. 028-682-0577 fax. 028-682-0518
平日/10:30〜21:30 スクール休み/12:00〜21:30

ご入会・レッスンはお気軽に

プラザさくら/パシフィックスポーツプラザさくら(栃木県さくら市)

女性ホルモン(食材編)

2019.04.17 Wednesday

こんにちは。

水曜担当の佐々野です。

前回は女性ホルモンについてお話しさせて頂きました。

年齢と共に減少していく女性ホルモン、サプリメントで補うのも

一つですが普段の食事から取り入れると効果的な食材を今回は

今回はご紹介いたします。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類の

ホルモンから構成されています。

この二つはバランスがとても大切。どちらかが増えすぎても

少な過ぎてもいけないんです。

そしてこの二つは脳とも密接に繋がっている為、ストレスの影響を

受けやすい特徴があります。

 

その1 女性ホルモンの材料になる栄養素

★タンパク質(卵)

卵は完全栄養食とも言われるくらい人間に必要な栄養素が

含まれてます。細胞を作るモトになり女性ホルモンや卵子を

作るとっておきの材料。

★亜鉛(レバー・牛肉・チーズ)

亜鉛はホルモンの分泌の促進を手助けしてくるタンパク質の

生成を促す効果があり、エストロゲンとプロゲステロンの

どちらにも働きかけます。

★レシピ(牛肉と卵とトマトのオイスターソース炒め)

これでタンパク質と亜鉛の摂取はバッチり

 

その2 女性ホルモンのバランスを整える食材

★カルシウム(牛乳・小松菜)カルシウムはバランスを整える調整役.

★カリウム(パセリ・アボカド)  生理前のむくみ解消

★マグネシウム(ひじき・アーモンド)ホルモン量のアップ

神経伝達物質を作り精神安定やイライラもにも効的

★ビタミンE(いくら・明太子・カボチャ)

女性ホルモン、子宮、胎盤の活動を高めてくれて、生理痛

を和らげる効果もあります。

 

その3 エストロゲンの代謝に欠かせない食材

★ビタミンB6 (まぐろの赤身)

エストロゲンの調整や代謝の促進さらにバランスを整え

PMS(月経前症候群)を和らげる。

★イソフラボン (納豆・豆腐・豆乳)

まさに食べるエストロゲン!イソフラボンが女性ホルモンに

良いのは知ってるかたも多いと思います。

イソフラボンはエストロゲンと同じような働きをする食べ物

だからです。ですが、イソフラボンを摂って女性ホルモンに変換

されるのは日本人女性の半分とも言われてます。

女性ホルモンはとにかくバランスが大切です。今回ご紹介した食材を

日頃から取り入れていつまでも美しく健康に過ごしたいですね。

 

それでは今日はこの辺で失礼いたします。

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

recent comment

search this site.

others