パシフィックスポーツプラザさくら

〒329-1312  栃木県さくら市櫻野1633-2
tel. 028-682-0577 fax. 028-682-0518
平日/10:30〜21:30 スクール休み/12:00〜21:30

ご入会・レッスンはお気軽に

プラザさくら/パシフィックスポーツプラザさくら(栃木県さくら市)

高地トレーニングはどのような効果があるのか

2019.08.17 Saturday

 

おはようございます。

土曜日担当の知野です。

今週は高地トレーニングはどのような効果があるのかについて伝えていきます。

 

・高地トレーニング

高地トレーニングがマラソントレーニング法として脚光をあびるようになったのは1960年頃からで、

エチオピアなどの高地民族が世界の長距離競走において卓越した力を発揮し、活躍し始めたこと

が発端です。ローマおよび東京の五輪で連覇したアベベ選手がその代表です。

 

・高地環境の特徴

高地では通常(低地)の大気に比べ酸素分圧が低いという特徴があり、このような状態を低酸素と

いいます。低酸素下におかれた生体は,、酸素獲得をしようと生体機能を順応させていきます。

すなわち、 呼吸数の増加による換気量の増大、赤血球数やへモグロビン量の増加、筋毛細血管網

の発達、ミオグロビン量の増加、酵素活性の向上などが起こります。低酸素下でトレーニングを行え

ば、これらの効果によって、持久力に必要不可欠な酸素獲得能力がより高まり、パフォーマンスが

改善されます。

 

・高地トレーニングの難しさ

1高地順化とトレーニングメニュー

 

高地トレーニングは理論的には持久性スポーツに有効であるにもかかわらず、必ずしもすべての試み

が成功しているとはいえないのが現状です。その理由は高地トレーニングの以下の特徴にあると考え

られます。

 

第一に高地トレーニングを行う高度条件です。高度が高くなればなるほど、酸素分圧は下がります。

高地順化の観点では、3,000mかそれ以上の標高が最も効果的です。しかしながらトレーニングの

観点からすると、 あまり標高が高く酸素分圧が低いと疲労が強くなって、必要な練習量や強度が

保てないという問題が生じます。このような相反する問題の解決策として、滞在条件を工夫した

トレーニング法が提案されています。 1週間程度の高地滞在と平地滞在を交互に反復する

「高地-平地反復法」や、高地で生活しトレーニングは平地で行うという「高地滞在一平地トレーニング法」

などがその代表です。これらの方法は、トレーニング強度の低下を防ぎ、かつ低酸素下での受動的

効果を生かす方法として注目されています。一方、トレーニング強度と高地順化の効用の妥協案として、

標高1,000〜1,600 m程度の準高地を生活およびトレーニングの拠点とする方法もあ

ります。アメリカのコロラド州、ボルダー (標高1,650m) などはこれに相当し、高地トレーニングのメッカと

なりました。

 

今週は以上になりますので、来週に続きを伝えていきます。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

recent comment

search this site.

others