パシフィックスポーツプラザさくら

〒329-1312  栃木県さくら市櫻野1633-2
tel. 028-682-0577 fax. 028-682-0518
平日/10:30〜21:30 スクール休み/12:00〜21:30

ご入会・レッスンはお気軽に

プラザさくら/パシフィックスポーツプラザさくら(栃木県さくら市)

最高のコンディショニングで試合に臨むために

2019.12.07 Saturday

 

おはようございます。

土曜日担当の知野です。今週は最高のコンディショニングで試合に臨むため

ついて伝えていきます。

 

・ピーキングとテーパリング

 

試合で最高のパフォーマンスを発揮するためには、心身ともに最高のコンディションで

臨むことが大切です。

しかし、試合前に焦ってトレーニングをしすぎると疲労感が抜けなかったり、不安感が

募って精神的に負の状態に陥ったりします。逆に、トレーニングを落としすぎても体力が

低下してしまい、からだは軽くなったにもかかわらず良い結果が得られないこともあります。

このようなことにならないよう、徐々にトレーニングを減らして最高のコンディションを作る

わけですが、このような調整法をピーキングといい、ピーキングのためにトレーニングを

減らすことをテーパリングと呼んでいます。

 

・体力を維持しながら疲労をとる

 

数回トレーニングセッションを重ねた時の、体力変化と身体疲労度の変化についてです。

ポイントは2つあります。1つはトレーニングを開始すると体力も疲労も素早く増加すると

いう点で、もう1つはトレーニングを中止した場合、疲労が抜けるほうが、体力が落ちる

よりも早いという点です。

理論的には、体力の向上が大きく、かつ心身の疲労感が抜けている時に良い競技成績が

あげられるでしょうから、体力と疲労度の変化曲線の差が競技成績を決めると考えられます。

したがって、体力が高くても疲労も大きい場合は競技成績もそう期待はできませんが、

疲労がほぼ抜けた時には、やや体力が低下しても高い競技成績が望めるでしょう。

このように高めた体力を維持しながら疲労を取る、これがピーキング、コンディショニングの

基本概念です。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

recent comment

search this site.

others