パシフィックスポーツプラザさくら

〒329-1312  栃木県さくら市櫻野1633-2
tel. 028-682-0577 fax. 028-682-0518
平日/10:30〜21:30 スクール休み/12:00〜21:30

ご入会・レッスンはお気軽に

プラザさくら/パシフィックスポーツプラザさくら(栃木県さくら市)

ウォーミングアップの方法は寒い時も暑い時も同じなのか

2019.12.21 Saturday

 

おはようございます。土曜日担当の知野です。

今週は試合前のウォーミングアップの方法は寒い時も暑い時も同じなのか

について伝えていきます。

 

・寒い時のウォーミングアップ

 

熱はさまざまなかたちで体内と外部環境の間を出入りしています。

まず、寒冷環境にいると体内から外の環境へ熱が流出し,体温が低下し

ます。体温や筋温が低い状態では,筋のエネルギー利用効率が悪くなり、

運動時に全力を発揮しにくくなるのです。 また,神経伝達速度も遅くなり、

身体がスムーズに動いてくれない、というようなことが予想されます。

さらに重要なこととして、筋温が低いと筋の粘性が高くなって、健や

靭帯の断裂の危険性が高まります。

そのため、寒冷環境下でウォーミングアップを行う時は、低強度で行う

ことが望ましいといえます。

 

・暑い時のウォーミングアップ

 

暑熱環境下にいる場合には、外部環境から体内へと熱が流入してきます。

これまでに体温を上げることの効果を述べてきましたが、上がり過ぎた

温は、パフォーマンスに悪影響を及ぼすだけでなく、脱水や熱中症の

危険をもたらします。

筋温や体温が上がると、カテコールアミンというホルモンの血中濃度が

上昇し、エネルギー源であるグルコースの分解促進が起こります。

これは寒冷環境下や常温環境下ではエネルギー効率が上がるため歓迎す

べき反応ですが、暑熱環境下においては逆にエネルギー枯渇を早期に招

く可能性があります。

また、体温上昇に伴って発汗量が増えて水分の喪失が多くなると、血液が

濃くなり、血管中を流れにくくなるため酸素やグルコースが組織に運ばれ

にくくなります。

さらに、水分の喪失が続くと脱水症状を招き、危険な熱中症へと進みます。

そうなるとパフォーマンスの向上どころではありません。

そのため、体温の上昇を抑えたウォーミングアップが大切になります。

ところで、現在までのウォーミングアップ研究では、温水浴や赤外線に

よって受動的に体温を上げても、ウォーミングアップ効果はあまりみられず、

実際にからだを動かす能動的ウォーミングアップを行わないとパフォーマンス

向上は期待できないという報告が多くあります。


最高のコンディショニングで試合に臨むために

2019.12.14 Saturday

 

おはようございます。

土曜日担当の知野です。

今週は先週に引き続き最高のコンディショニングで試合に臨むために

ついて伝えていきます。

 

・トレーニングのどの要素に注目すれば成功するのか

 

では、ピーキングを成功させるにはどのようにトレーニングを進めれば

よいのでしょう。疲労に関しては、トレーニングの頻度、時間、強度の

どれを減らしても、または極論すれば休んでしまえば比較的簡単に取り

除けるでしょうが、それでは体力が低下してしまう恐れがあります。

ということは、いかに体力を落とさずにトレーニングを落とせるかが

鍵を握ることになります。

そこでトレーニング頻度、時間、強度の3点を変えた場合の影響をみて

みましょう。

 

まず、頻度を変えた場合ですが、週6回を4回、あるいは2回に減らしても

最大酸素摂取量は減少しませんでした。また、運動時間を2/3 1/3に減ら

した場合でも、同様の結果が得られ、最大酸素摂取量は維持されています。

つまり、100%VO2maxという高い強度でトレーニングした場合、頻度が

2回にまで低下しても、また運動時間が1/3にまで低下しても、少なくとも

15週間はその前のトレーニングで伸びた体力を維持できるということがわか

ります。

しかしながら、運動強度を低下させた場合の結果は異なるものでした。

すなわち, 運動強度を2/3あるいは1/3に減らすと、どちらの条件においても

最大酸素摂取量は低下しています。

したがって、運動強度が2/3程度まで低くなってしまっては、

その前のトレーニングで伸びた体力を維持できないということになります。

一般に、ピーキング期間では、練習日を減らすことなく、その強度や時間を

減らすことが多いですが、できるだけ強度は落とさず、試合に沿った運動

強度を含んで練習を行うということが重要といえます。


オリンピック種目 アーチェリーについて

2019.12.11 Wednesday

こんにちは。

今日は、オリンピックの種目の一つである、アーチェリーについてご紹介します。

アーチェリーは、わずかな雑念がミスにつながる競技であり

メンタルの強さが勝敗の決め手となります。

種類として、屋外の平坦な射場で行うターゲットアーチェリー

森や山などで行われるフィールドアーチェリー

室内で行われるインドアアーチェリーなどありますが

オリンピックでは、ターゲットアーチェリーを行います。

射場から的までは、70mあり、的の直径は122cmの円で

中心に当たれば10点、外側に行くほど点数が小さくなります。

次回もアーチェリーについて、詳しく紹介していきます。

 


ストレッチ!胸編

2019.12.10 Tuesday

こんにちは。火曜日担当の池田小夏です。

本日も胸のストレッチをご紹介いたします。

胸のストレッチを行うことで、鎖骨と肩甲骨が拮抗した綺麗なデコルテやバストラインになります。

昔に比べてパソコンやスマートフォンの普及によって前傾姿勢で作業をすることの多くなった現代人の姿勢は猫背になっていることが多く、この時に肩甲骨は左右に広がり鎖骨は閉じている状態になっています。これらが原因でデコルテやバストラインはたるんでしますのです。

鎖骨を持ている旨の筋肉は基本的に押す動作に貢献していますが日常生活の中で意識して使用しなければ衰えていくばかりであるので、ストレッチや筋トレを取り入れていきましょう。

それでは本日のストレッチです。

四つん這いになります。

両手を開き、前へ出します。

お尻を後ろに引きながら胸をマットへ近づけます。

 

正面から見るとこんな感じです。

 

15秒から20秒我慢しましょう。

是非お試しください。

 

ありがとうございました。

 


最高のコンディショニングで試合に臨むために

2019.12.07 Saturday

 

おはようございます。

土曜日担当の知野です。今週は最高のコンディショニングで試合に臨むため

ついて伝えていきます。

 

・ピーキングとテーパリング

 

試合で最高のパフォーマンスを発揮するためには、心身ともに最高のコンディションで

臨むことが大切です。

しかし、試合前に焦ってトレーニングをしすぎると疲労感が抜けなかったり、不安感が

募って精神的に負の状態に陥ったりします。逆に、トレーニングを落としすぎても体力が

低下してしまい、からだは軽くなったにもかかわらず良い結果が得られないこともあります。

このようなことにならないよう、徐々にトレーニングを減らして最高のコンディションを作る

わけですが、このような調整法をピーキングといい、ピーキングのためにトレーニングを

減らすことをテーパリングと呼んでいます。

 

・体力を維持しながら疲労をとる

 

数回トレーニングセッションを重ねた時の、体力変化と身体疲労度の変化についてです。

ポイントは2つあります。1つはトレーニングを開始すると体力も疲労も素早く増加すると

いう点で、もう1つはトレーニングを中止した場合、疲労が抜けるほうが、体力が落ちる

よりも早いという点です。

理論的には、体力の向上が大きく、かつ心身の疲労感が抜けている時に良い競技成績が

あげられるでしょうから、体力と疲労度の変化曲線の差が競技成績を決めると考えられます。

したがって、体力が高くても疲労も大きい場合は競技成績もそう期待はできませんが、

疲労がほぼ抜けた時には、やや体力が低下しても高い競技成績が望めるでしょう。

このように高めた体力を維持しながら疲労を取る、これがピーキング、コンディショニングの

基本概念です。



selected entries

archives

recent comment

search this site.

others